Via! LVCIDO !!

beauty & eco design

ヘアドライヤーの選びかた・・・

  美容師さんに聞いたヘアドライヤーの選び方・・

f0045122_15413063.jpg

髪の毛をキレイに美しく保つためには、自然乾燥ではなく、ドライヤーを使ってしっかり乾かすことが大切だと言われています。では、どんなドライヤーがオススメなのか??

家電量販店などに行くといろいろな種類のドライヤーが並んでいて、値段も数千円から数万円と幅広く、どれを選んだらいいのかわからないというヒトも多いと思います。

 そんな時に・・・プロの美容師さんが言うには

①、大事なのは “風量” と “重さ”

まず、髪の毛をすばやく乾かすためには風量が強いものを選ぶことが大切なポイントになるそうです。

「ドライヤーの選び方、ずばりコレは、とにかく風量! 温度が高い熱風を出して風量が少ないドライヤーはNG。業務用で一番多く使われているのは1,200ワットで、ワット数が大きい方がより速く髪を乾かすことが出来ますが・・・1,800ワットのドライヤーもありますが、家のアンペアと相談して選んでください。それとドライヤーの重さも大事なところ。軽い方が乾かすのにだんぜん楽チンです。」

自分の家のアンペアを調べておかないと、ドライヤーを使うたびにブレーカーが落ちてしまう……なんて悲惨なことになりかねないので、購入前にはチェックしておきたいポイントです。


②、冷風切り替えは“あったほうが良い”機能

温風冷風の切り替えつきのドライヤーは多いですが、冷風ってなくてもいいのでは? と思いがちですが……。

「温風は髪の毛の形を変えてくれる効果があります。例えばボブスタイルなら乾かした後髪の毛のすそ(サイドの毛先)を中指と人差し指で挟んで内側に。そこに温風を当てると内巻きになりやすい。冷風は温風で形をつけたものを“より固定”してくれる効果があります。先ほどのやり方で内巻きに温風を当てた後キープしたまま離さずに、そこに10秒ほど冷風を当てるとより形がつきますよ!」

「ただ乾かしただけの髪の毛も温風だけで終わらせずその後はしっかりと冷風を当てることで、髪の毛が冷風で締まり髪の毛が広がるのを防止してくれたり、髪質によっては“ツヤ”が出やすくなります!」


③、髪をふんわりさせたいならマイナスイオンは逆効果

マイナスイオンと聞くと、なんとなく髪や肌に良さそう というイメージがありますが、実際のところは?

「ドライヤーから出ているマイナスイオンは、マイナスの電荷を帯びた微粒子水で、空気中の水分から生み出されるその小さな水の粒子が、髪内部や地肌に入り込んでいくものになります。ただ髪質などで合う合わないがでてくる代物です。」マイナスイオンドライヤーはドライヘアで髪の広がりを抑えたい人には向いていて、髪が細い人やパーマヘアでふんわり仕上げたい人には向いていないそうです。

f0045122_15414960.jpg


ドライヤーは値段だけでなく、搭載された機能の違いで、髪を乾かした後の仕上がりが変わってくることがおわかりいただけたと思います。そして、家電量販店でどれを買うか迷って決められなくなったら、”美容室専売品”を買うのが一番のオススメです。美容室経由で販売してくれるケースもあるようなので、ドライヤーを買い替える際は、いつもの担当の美容師さんに相談してみるのがベストかもしれませんね!!



 ★ 今月のお休みです ★ ⇒  LVCIDO information


  ○ お問い合わせ メールアドレス ○   lvcido.co.ltd@gmail.com


☆ 女性のための 乳がん に関する情報ブログ ☆ 
 画像をクリックしてください → Cherry Care Blog チェリーケアブログ 』 
f0045122_14252593.jpg


   LIGHT UP NIPPON
[PR]
by lvcido | 2016-12-01 15:45 | 美容・健康・環境 | Comments(0)
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31