Via! LVCIDO !!

beauty & eco design

世界はひとつ・・

モルディブの島民たちが日本のために
自らの力で募金活動をしています。

f0045122_11354348.jpg


日本の支援がなかったら、モルディブのマレはなくなっていただろう・・」  

 スマトラ沖地震でインド洋に浮かぶ約200の島からなるモルディブは、
津波で14の島が壊滅的な被害を受け多数の死傷者がでる惨事となりました。

首都であるマレ島は島全土の70%が冠水したものの、
奇跡的に死傷者が発生しませんでした。
これが15年に亘って日本のODA(政府開発援助)によって行われた護岸工事の効果によるものであることはメディアでも広く取り上げられました。

護岸建設プロジェクトについて~

1987年、突如3メートルの高波がモルディブの首都マレ島を襲いました。
マレ島はサンゴ洲島のため低地で護岸工事も不十分であったため、島の3分の1が冠水し、
甚大な被害がでました。
日本政府は緊急援助隊の派遣を経て、無償資金協力で護岸を建設することとなりました。

   このプロジェクトには

・超過密都市であるマレ島の現状を考え、
海岸施設が防災機能だけでなく市民にとって親しみのあるものとなるように計画。

・護岸工事に使用できる建設材料はマレ島では調達できないため、東南アジアから海上輸送。
・コンクリートを混合するために使う淡水も不足しているため、淡水化プラントで造水。

 「日本の防波壁が首都を守った」モルディブ

 モルディブの人口の約3分の1が住む首都マレでは、日本からの公的支援で建設された防波壁が、島を津波の大惨事から守ってくれたとの見方が広がっている。海抜1メートル程度しかない約1200の島々から成る同国は地球温暖化の進行で国全体が沈みかねないとの不安を抱え、常に海面上昇への恐怖と隣り合わせで生きてきたが、88年以降、進めてきた首都の護岸工事が壊滅的な被害を回避するのに貢献したと、島民は口々に語った。

 災害対策本部の置かれたマレ市のイスカンダール小学校校庭でボランティア活動を指揮する元オリンピックマラソン選手のフセイン・ハリームさん(35)。
彼になぜマレは3分の2が冠水しながらも死者が出なかったのだろうと尋ねた。するとすぐに答えが返ってきた。「10年以上かけて作った防波壁が大いに助けになった。日本の援助のおかげだと聞いている」その防波壁を見たくて市南部の海岸まで案内してもらったタクシー運転手のアハメド・シャフィールさん(30)も「日本が作ってくれたあの壁がなかったら今ごろマレはもうない」と語り、「助けてくれた日本人からこんな時に金を受け取るわけにはいかない」と決して料金を言ってくれなかった。
 
 大統領府によると、日本はモルディブ最大の援助供与国で13年をかけた防波壁工事の費用6600万ドルの主要部分を日本の援助が支えたという。
南部の海岸通りには、「日本とモルディブの友好のため日本政府が提供した支援で作られた」と消波ブロックに記した記念碑が海に向かって建っています。


 世界は、つながっています 051.gif 001.gif



LVCIDO Home Page Renewal Open



★ 女性のための乳がんに関する情報ブログ ~随時更新中~

 画像をクリックしてください → 『 Cherry Care Blog 』 
f0045122_14252593.jpg
[PR]
by lvcido | 2011-04-20 14:12 | 美容・健康・環境
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31